戦争責任を肩代わりさせられたまま75年ー韓国人元BC級戦犯が語る不条理

LINEで送る
Pocket

太平洋戦争当時、日本の統治下にあった朝鮮半島の人々は、日本の軍事行動に協力を求められました。しかし、戦後の対応は日本人と区別され、不条理と言わざるを得ない境遇に置かれてきました。今回、94歳となる李鶴来(イ・ハンネ)さんにお話を伺いました。
(インタビュー:2019年11月15日)

李鶴来(イ・ハンネ)さん

1925(大正14)年2月韓国全羅南道宝城郡生まれ。戦時中日本の軍属として「泰緬鉄道」建設に駆り出された連合軍捕虜の監視にあたる。敗戦後、監視員当時の捕虜への虐待等を問われ、戦犯裁判にて死刑宣告されるが、その後減刑され、釈放される。

 

日本統治下での幼少期

―李さんのお生まれについて聞かせてください。

私の家は農家でした。きょうだいは弟と妹がいました。私が生まれる15年前(1910年)に、日本による韓国併合が行われました。併呑(へいどん)という方がふさわしく、日本風の名前を強制する「創氏改名」によって、私の家は「廣村(広村)」(ひろむら)と名乗ることになりました。これは一族の発祥の地である「廣州(広州)」を忘れないようにとのことからです。

当時朝鮮で日本人は大いばりで、父が働く工事現場に母と一緒に弁当を届けに行った時、日本人の現場監督がこちらに向かって立小便をしたりしました。子どもながらに非常識な侮辱に腹が立ったのを覚えています。

日本軍の捕虜監視員へ

―戦争にはどのような経緯で巻き込まれたのでしょうか?

太平洋戦争開戦から6か月が経った1942(昭和17)年5月、ちょうど前の仕事を退職したタイミングで、面事務所(朝鮮の村役場)に南方の捕虜監視員の仕事が来ており、面事務所から試験を受けるように言われました。

日本軍は開戦当初、東南アジアで大勢の連合軍捕虜(俘虜)を獲得しましたが、その対応に苦慮し、朝鮮全土から約3,000名の捕虜監視員を募集したのです。郡・面ごとに人数割り当てが来ており、建前上は自発的な応募であったものの、実質的に強制徴用といえたと思います。

試験に合格後、釜山で2カ月軍事訓練を受け、8月19日に釜山(プサン)から船で出発し、タイの捕虜収容所へ送られました。日本軍がビルマ(現ミャンマー)での作戦のための補給路として「泰緬鉄道」(たいめんてつどう=泰(タイ)と緬(ビルマ)を結ぶ鉄道)を建設することになり、労働力として大勢の捕虜が必要になったのです。捕虜収容所はタイ側とビルマ側にあり、私はタイ側の収容所の監視員となりました。

―捕虜の様子はどうでしたか?

9月9日頃、私が初めて目にした連合国捕虜は千数百名もいたように思えました。つかまって間もないので体格もよく、私たち監視員が見上げるような大きさです。大勢の欧米人の捕虜には恐怖感すら覚えました。

―捕虜監視員の仕事とはどのようなものだったのでしょうか?

最初の頃の仕事としては、宿舎の設営がありました。一棟に50人くらい入る宿舎で、ニッパヤシの葉で屋根をふき、竹で床を張った簡単なものを作りました。また、警備も主な仕事の一つでした。入口の衛兵所や所内の歩哨勤務です。歩哨は所内を巡回して捕虜の動静を確認し、逃亡を防ぐのが仕事です。

「泰緬鉄道」建設

―そうして鉄道建設に携わっていったんですね。

はい。泰緬鉄道建設に従事する日本軍の「鉄道隊」が、捕虜と現地の労務者を使いながら、路盤構築・レール敷設の工事を進めます。捕虜収容所側は捕虜を管理し、鉄道隊の要求する作業人員を引き渡すことになっていました。

タイ側の起点の「ノンブラドッグ」から161㎞地点の「ヒントク」という現場で捕虜の監視を行いました。朝鮮人の私が、作戦や戦況を知る機会はなく、とにかく目の前の事態に対応することと、上官の命令が絶対であった日本軍の中で何とか立ち回ることに精一杯。任務に忠実であろうと懸命でした。

鉄道建設が進むにつれ、タイの奥地へと私が捕虜監視員を行った収容所も何か所か移動してきました。1943(昭和18)年2月には、捕虜500人を連れて朝鮮人軍属6名と共に、泰緬鉄道起点から161㎞地点のヒントクへ移動しました。ジャングルの真っ只中です。ヒントクは泰緬鉄道の中でも最難関の場所とされ、捕虜たちは大変過酷な労働を強いられました。泰緬鉄道が完成するこの年の10月まで、ヒントクで捕虜の監視を行いました。

最初の三カ月は私が事実上の責任者で、分遣所との業務連絡や命令の伝達、作業割り当て表に基づく人員の配置、食糧の支給手続きなどの仕事がありました。作業現場には1回ほどしか行ったことがありません。捕虜が鉄道隊で殴られて死んだと言われても、どういうことがあったか分からないんです。監視員は6人だけで、夜は交代で収容所の監視、昼は現場に2名ほど送り監視しました。

捕虜への体罰と過酷な労働環境

―捕虜たちに対する体罰などはあったのでしょうか?

捕虜たちが規則違反をすると、2~3回ビンタ(平手打ち)をして反省をさせました。日本軍では教育の方法として罪悪視されていなかったのでそうしたのですが、捕虜にとっては大変な恥辱だったことを当時の私は知りませんでした。

ヒントクでの捕虜側の代表はオーストラリア軍捕虜のダンロップという中佐で、軍医でした。私は作業人員を確保するため、ダンロップ中佐に協力を要請する立場でしたが、彼は仲間をかばおうとし、言い合いをすることもありました。裁判資料には「ヒロムラは終始ダンロップと口論していた」と記されていたそうです。

―建設現場はどのような環境だったのでしょうか?

捕虜たちが鉄道建設に駆り出されていたジャングルは、タイでも有名な病原菌の巣窟でした。マラリア、アメーバ赤痢(せきり)、コレラなどの伝染病に加え、熱帯性潰瘍(かいよう)という怖い病気もありました。

5月からの雨季には連日激しい雨が降り続き、道路は泥沼のようになりトラック輸送などできません。川の水かさが増して船で食糧を運ぶこともできなくなってくると、栄養失調になった捕虜が死んでいきました。

彼らはよく下痢をし、労働で疲れ果てていました。赤痢にかかっている者は多かったですが、薬なし、休養もなし、でした。今思うと本当にかわいそうなことをしたと思いますが、当時の日本軍は捕虜を人間的に扱うことはなく、捕虜は無視された存在でした。ジュネーブ条約に捕虜の人道的取り扱いの規定があることはまったく教えられませんでした。

捕虜の宿舎は雨漏りがし、服は捕らえられた際に彼らが持っているものだけだったので、後半期にようやく少し支給した程度でした。それも現地で押収したものです。ふんどしだけという捕虜もいました。捕虜はよく「靴がない」と苦情を言っていましたが、ごつごつした岩肌での作業ですし、熱帯性潰瘍などで皮膚がただれているところに傷ができるのですから、靴のあるなしは大変なことだったのです。

鉄道建設はインパール作戦のために1943(昭和18)年10月までに完成させよと命じられていました。大岩石地帯や大きな河川に架ける橋もあり、普通ならば6~7年かかる工事だったそうですが、それをおよそ1年3カ月、つまり5分の1程度の期間でやれという命令でした。さらに、途中で完成を2カ月早めろという命令まで出ていたそうです。

難所の工事もツルハシ、ノミ、シャベルなどの道具を中心にした人海戦術です。鉄道隊からは毎日作業人員の割り当て表が届きますが、病人が続出している収容所側はそれだけの人数を揃えることはできません。病人でも症状の軽そうな者を選んで作業に出さざるを得ませんでした。そして泰緬鉄道は、捕虜と現地労務者合計で4万5千人といわれる犠牲を出し、ついに完成しました。

帰国途中に引き戻され、死刑宣告を受ける

―敗戦後はどのように戦犯となったのでしょうか?

終戦はバンコクで迎えました。連合軍に逮捕され、バンコク郊外の刑務所に収容されました。その後シンガポールの「チャンギ―刑務所」へ送られることになりました。チャンギ―刑務所では、食事の量が少なく、ひどい飢えに悩まされましたよ。それに看守の連合軍兵士による虐待を受けました。その後簡単な取り調べを受けましたが、起訴されることはなく、1947(昭和22)年1月7日、日本へ送還されることになりました。

途中、石炭や水を積むために香港へ寄港しました。寄港中、イギリス軍将校に呼ばれ上陸し、自動車で約30分の刑務所に入れられてしまいました。そこで約3週間過ごしたのち、イギリス軍艦でチャンギ―刑務所へと戻されてしまいました。チャンギ―刑務所のコンクリート塀を再び見上げ、以前にも増した重圧感に押しつぶされそうでした。

そしてその年の3月、刑務所内の小さな建物に設けられた仮設法廷で行われた簡単な裁判で、私は死刑(絞首刑)を宣告されてしまいました。まったく思いもよらないことでした。

―死刑になるのは思いもよらなかったとのことですが、捕虜監視員は直接捕虜に接する中である程度の暴力はあったのでしょうか?

ありましたが、それぞれちゃんと理由があります。仲間とけんかをしたとか、何か盗まれたとか。捕虜の方から、自分たちどうしでは収拾つかないからやってくれと願い出てきたこともあったくらいだから。わけもないのに、ビンタをとったとかそういうのはなかったですよ。

ビンタをするというのは、我々監視員は教育のひとつとして毎日殴られたんだけど、捕虜の習慣は違うものだからね、ビンタされるということに大変な屈辱感を感じるんですよ。我々は軍隊の厳しい軍事訓練を受けて何回も殴られても何にも思わなかったけど、捕虜たちはそれをすごく侮辱に感じました。

捕虜収容所でも、こっちは分駐所で本所というのがあるんだけど、本所に食糧を送ってくれとか医薬品を送ってくれとか言っても、なかなか送ってくれないんですよ。我々がペニシリンをもらいにいくと、この前やったのにもうもらいに来たのかと言われてしまいます。本所では捕虜が一人二人死んでも、なぜ死んだのかということについて無関心でした。そういうような状況で捕虜は死んでいったんですから、捕虜たちが収容所を憎む気持ちはよく分かるんですよ。私たち監視員に何か権限があるように考えられていたのかもしれませんが、何も権限がなかったんですよ。食料の権限、医薬品の権限、労務に明日何名出してくれということについても。

食いものは食えない、病気であっても医療は受けられない。そういった中で大勢の者が死んでいきました。それが事実ですね。そういったことで憎まれたんです。

一方的に進められた戦犯裁判

―戦犯裁判というのはどういう形で行われるのでしょうか?

連合国側が裁判をするわけです。連合国側の裁判長だったり検察だったり、全部連合国側ですよ。だからこちらは受け身ですね。具体的にどういったことになっているかよく分からなかったけど、一応取り調べは受けましたよ。裁判は裁判長から全部、向こうの一方的な進行で進みますからね。まあ結局書類だけの裁判ですよ。

―裁判官と直接対面したことはないのでしょうか?

あったことはあったけど、こちらはイエスかノーかだけで、あとは何もないですね。告訴されると特別に取り調べを受ける人たちの集まりがあって、そこに監禁されるんですよ。それで裁判に行く。あの時は裁判なんかどうでもよくて、お腹いっぱい食わしてくれたらそれでいいんだという気持ちでした。

―裁判なんかどうでもいいんだというのはどうしてですか?

裁判をしてもこちらの言うことは聞かないんだから、裁判はどうでもいい。明日死んでもいいからお腹いっぱい食わしてくれればいいと、そういった気持ちになりました。

死刑囚が収監される「Pホール」で

―Pホールにいらっしゃったときのお気持ちを伺いたいんですけれども、毎日どういうことをお考えになっていましたか。

Pホールにいて死刑になった仲間たちがいます。ビンタのひとつかふたつ殴ったのはあったかもしれないけど、だけどそれ以上のことは何もやっていないですよ。それを死刑にしたっていうことでね、どうしても私は死んだ仲間たちの無念な想いを少しくらい晴らしてやらないといけないという気持ちです。

朝鮮人軍属の林永俊(イムヨンジョン)という人が死刑執行される時のこと。私に最後に会ったときにね、「広村さん、減刑になってくださることを祈ります。刑務所をもし出れたら、林という人間はそんなに悪い男じゃないことを知らせてください」。と言っていきました。私は死ぬ身であるから、握手して何も言えないで別れました。

チャンギ―刑務所には十坪くらいの中庭があるんですよ。昼間はそこへみんな出て行って碁を打ったりしてるんだけど、死刑執行のある土日の前日にインドの大尉がね、執行命令を持ってくるんですよ。翌日誰々執行すということで、名前を呼び出されるんですね。そうすると初めから殺されるのは承知ではあったけど、やっぱり中の雰囲気がシーンとなっちゃいます。他のホールの人たちも、みんな誰々が殺されるんだということは知っているんですよ。執行は朝だったんですが、だいたい朝8時か9時になれば他のホールからも(お別れの歌として)君が代が歌われてくるのが聞こえました。

誰のために何のために死んでいくのか。それが分からない。

―Pホールに入っていた時は、生まれ育った朝鮮半島のことは思い出しましたか?

日本人の場合は、戦争のよしあしは別として、自分の国のために死んでいくんだと考えることができて、諦めることもできると思います。でも韓国人の場合にはそれがないんですよ。日本の戦争に引っ張られて行って、いくら強制徴用だと言っても結果的には日本の戦争に協力して、戦犯として死んでいくんだと。そういった悔いというものがあるし、それを受けた親兄弟というものはどういった気持ちだろうと。誰のために何のために死んでいくのか。それが韓国人には分からないのです。Pホールに入って一番気になったのはそういうことです。

突然の減刑、東京の「スガモ・プリズン」へ

―死刑が減刑されたときは、ある日突然減刑になったということが伝えられたのでしょうか。

そうです。だからなんで死刑から減刑されたのかということが分からなかった。それは日本に帰って(補償)裁判をするまで分からなかったんだけど、裁判の過程で、私と毎晩「明日何名捕虜が足りない」などと言い争っていたダンロップ中佐が証言しなかったということが分かってきました。ヒントクの捕虜収容所で捕虜側の代表だったダンロップ中佐が、とうとう私の非を証明しなかったということのようなんですね。それで私は減刑になったんじゃないかと。

―減刑が決まり日本へ送還された後は、スガモ・プリズンに収監されたんですね。

私は1951(昭和26)年8月27日にスガモ・プリズンに入りました。翌年4月に平和条約が発効した後は大分管理がゆるやかになりました。家に行った連中もいたし、巣鴨にいながらバイトに行く連中もいました。

平和条約の発効で私たち植民地出身者は「日本国民」ではなくなります。平和条約11条に「日本国は…日本国民にこれらの法廷(連合国の戦犯裁判)が課した刑を執行する」とあることから、釈放されると期待していました。しかし、裁判当時は日本国籍だったということで、日本政府は私たちの釈放を拒否しました。

生活苦で自殺者まで出た出所後

―1956(昭和31)年10月に巣鴨を出所されたとのことですが、その後の生活はいかがでしたか。

先に巣鴨を出た朝鮮人元戦犯の仲間たちは、軍服1着と700~800円(現在の価値でおよそ5,800円~6,600円)を支給されただけで、その日から困窮状態に陥りました。巣鴨にいるときは寝るところも食べ物もあったけど、巣鴨を出てからは寝床から職から何にもないから、かえって巣鴨出てからが大変だったんですよ。仲間には、生活苦になって、どうしようもなくなって自殺する人間も出ているんです。

日本政府は1952(昭和27)年4月より「戦傷病者戦没者遺族等援護法」によって、日本人の元軍人・軍属とその遺族には援護をしながら、旧植民地出身者には一切しようとしないので、私たちは怒りを感じていました。そこで「韓国出身戦犯者同進会」(以下「同進会」)を結成し、釈放の受け入れ態勢の整備、政府による謝罪といったものを請求しようということになりました。それから本格的に運動が展開していきました。

―巣鴨から釈放された後、韓国に帰れなかった事情は何でしょうか?

日本人の場合は、戦争の良しあしはともかくとして、自分たちの国のために死んでいくんだという心の慰めがあるんだけど、私たちの場合はまったくないんですよ。親日派とか、そういう具合にしか見られなかったわけだからね。

だから私たちは自分の国に対する負い目をすごく感じているんですよ。いくら強制徴兵であったとしても、あの当時自分の命をかけて(日本と)戦った(韓国)人がいっぱいいるわけですよ。ところが自分たちはそれもしないで、強制徴兵だと日本の戦争に協力をして、そして戦犯になったという負い目ですね。国に対する負い目。これがすごく強かったんですね。

生活のためにタクシー会社を設立

―政府に対して求める活動をすると同時に、タクシー会社も作られたそうですね。

そうです。それは日本に親兄弟も、知り合いも、誰も応援してくれる人もいない私たちが日本で生きていくために大きな力になりました。

巣鴨に収監されている時に、刑務所の中で職業訓練ということでタクシーの運転手、整備工、経理とかを勉強してきて、私の仲間たちはほとんどの者がタクシー運転手の免許をもらっていました。それだったらじゃあタクシー会社を作って、そこに運転手として仲間たちを吸収すればいいんじゃないかということで、タクシー会社を考えたんですよ。

ところがその考えはいいんだけど、資本がないでしょ。タクシーの営業所もなければ車もなければ何にもない。それではたと困っちゃって。そこで相談したのが、いつもお世話になっている今井先生という耳鼻科のお医者さんです。今井先生は、「この戦争でいちばん馬鹿見たのはあんたらだ。なんとか自分でやれることがあったら何でもしたい」。と言ってくれました。だからよく面倒見てくれたし、巣鴨に居たころからよく慰問面会に来てくれたりしてくれましたよ。

そしてなんと当時の金で200万円(現在の価値でおよそ1,100万円)を出してくれて、それを元手にして計画を立て、運輸省(当時)にも行って働きかけ、ようやくタクシー免許をもらったわけです。そうしてタクシー会社「同進交通」の開業にこぎつけたのは、1960(昭和35)年11月のことです。経済的には「同進交通」が支え、精神的には「同進会」が支えるようになっていきました。

「国籍」を盾に補償を一切しない不条理

―同進会では、どのように運動を展開したのでしょうか?

同進会では、出所後の受け入れ先をしっかりしてくれと言って首相官邸前で座り込みもしました。鳩山一郎内閣(1954年12月~1956年12月)の時が一番相手にされず、厳しかったです。それ以降受け入れ態勢の改善や補償の要求などをずっとやってきましたね。

同じ戦犯でありながら、自分の国の戦犯には軍人恩給をやり、年金もやり、それから援護もやり。そういったことをやりながら、私たちには軍属として生命を危険にさらしておきながら、日本国籍がないからということで一切それらをやろうとしないわけですよ。それが私たちが一番今も不満に思っていることです。日本人の場合がそうであれば、少なくとも我々にも同じぐらいやるのが当たり前じゃないかと私たちは思うんですよね。ところがやろうとしないんですよ、日本政府は。

はじめのうちはね、補償について対応する意思があるかのような態度を日本政府は取っていたんですよ。でも実は日韓条約の交渉を進めており、1965(昭和40)年12月に「日韓基本条約」と「請求権協定」が発効すると、日韓会談で全部終わったから、あとは国(韓国)に話せ、と言わんばかりの態度に変わっていきました。同じ戦犯でありながら、自分たちの国の戦犯には、ちゃんと対応をしながら、台湾と私たちの場合には何もしようとしない。謝罪もしようとしない。それはどう考えても不条理じゃないかと。あまりに。今でもその気持ちは変わりませんが、裁判では訴えが認められず、現在は国会議員を通じて補償の法律を制定すべく運動を続けています。まだ問題は解決していないのです。

最も多いときは70名いた仲間も、みんな死んじゃっているんですよ。今は韓国にいる仲間も含めて3、4名というところです。

絶対に戦争は起こしてはいけない

―今の日本の若い人たちには何を伝えたいですか?

同じ日本の戦争に参加して、日本のために尽くしたのに、一方には恩給、年金、ほかに色々なものを応援してやりながら、もう一方は韓国・台湾人は国籍がないからと一切やろうとしない。その不条理、これをやっぱり知ってもらいたいです。それでいいのか。

そのうえで、どんなにうまいこと言ってもいったん戦争になってしまったらダメだということですよ。戦争をやっぱり起こさないことだということですね。私たちは、私自身がそうだけど、戦争というものについての深刻さがあまりなかったのかもしれないね。どうして戦争が起こるんだっていう。憎しみやそういうことだけしか考えていなくて、経済原則が底流に流れているんだっていうことはあまり考えなかったです。だから戦争が起きる前に、戦争が起きない努力というものが必要だと考えています。

だから今の若い人たちには、絶対戦争をやってはいけないと言いたいです。戦争がいったん起これば、いくら口で立派なこと言っても意味がなくなってしまいます。戦争はお互い殺し合いっこだからね。だから戦争が起こる前に、外交努力だとか色々して、戦争が起こらないようにしなければいけないんです。

ーどうもありがとうございました。

 

李さんの戦争と戦後を伝える自伝

 



スポンサーリンク