満蒙開拓民の慰霊祭「拓魂祭」と日本の中国侵略

LINEで送る
Pocket

満蒙開拓の犠牲者を慰霊する「拓魂祭」(たくこんさい)が、今日(2022/4/10)東京都多摩市の拓魂公苑で開催されました。私は運営としてZoomとYouTubeでの配信を担当しました。 満州開拓民のソ連侵攻後の悲劇は言うまでもないのですが、同時に、日本の中国侵略のことも考えなくてならないと思います。

武力で日本本土の三倍もの広大な土地を奪ったのが傀儡国家満州帝国です。開拓民の悲劇以前に、土地を奪われた中国人の悲劇に思いを馳せるべきだなと思わずにはいられません。しかし、拓魂公苑の碑には、日本の加害性については触れられておらず、極めて不誠実だと思うのです。

過去に自分たちの国が行った非人道的な恥ずべき行為を直視することから逃げ、理由をつけて正当化したがる風潮がはびこっているように思います。 しかし、それでは世界の人とまともに対話することは不可能ですし、ウクライナ侵攻を独りよがりの理屈で正当化するロシアと大差ないのではないでしょうか。

 



スポンサーリンク